金貨投資に使われる金貨には、鋳造コストや輸送する時に発生する費用などのプレミアムが金の価格に上乗せされます。このプレミアムは買取り価格にも上乗せされますので、売却する時に相殺されます。そして金投資では、金地金のバーチャージにあたる手数料は発生しません。金貨投資では、少しの金を売買する場合において金地金よりもローコストで投資ができるのでリスクも大きなものにはなりません。金投資の目安となるものに関して、例えば100グラム以下でしたら金地金よりも金貨の方が投資する時のロスが少なくなります。金地金のバーがグラム表示で、金貨の重量はトロイオンスで表示されます。

販売店などで一般的に売られている金貨のサイズは、1トロイオンスをはじめとして、1/2トロイオンス、1/4トロイオンス、1/10トロイオンスと、この4種類です。金地金とは違い、金貨の売買価格は、金貨価格としてそのサイズごとに発表されますので、そのものの価格で占めるプレミアムの割合が小さいほど高くなります。そして買値と売値の額差も大きくなります。金貨投資で最も投資効率がいいとされるのが、1トロイオンス金貨です。金貨は金地金よりも効率的に少額投資ができますし、買う時期やいくつかに資金を分けて価格変動に対してのリスクを抑えることが簡単です。